平成二十四年度 紫錦会 年間行事のお知らせ

              記

春季大会 3月11日 (第二日曜日) 午前1時より受付開始 午後2時審査開始 春季大会出品料3,000円
                     (二歳魚・三歳魚のみ二部門で/各部門に五匹まで出品可)
第一回当歳魚研究会 6月24日 (第四日曜日) 午後2時より 研究会参加費2,000円(一回毎に/五匹まで出品可)
第二回当歳魚研究会 7月8日 (第二日曜日) 午後2時より 研究会参加費2,000円(一回毎に/五匹まで出品可)
第三回当歳魚研究会 7月22日 (第四日曜日) 午後2時より 研究会参加費2,000円(一回毎に/五匹まで出品可)
第四回当歳魚研究会 8月12日 (第二日曜日) 午後2時より 研究会参加費2,000円(一回毎に/五匹まで出品可)
第五回当歳魚研究会 8月26日 (第四日曜日) 午後4時より 研究会参加費2,000円(一回毎に/五匹まで出品可)

第64回紫錦会品評大会 10月21日 (第三日曜日) 受付午前9時より 審査午前10時より
            出品料1部門1,000円(各部門毎に/各部門五匹まで出品可)

年会費 10,000円

二歳会、研究会、品評大会会場
 高橋らんちゅう養殖園
   〒144-0034 東京都大田区西糀谷1-12-6
TEL 03-3742-2766

紫 錦 会
紫錦会の大元は錦雛会で、その時から数えれば歴史は裕に百年は超えます。
蒲田に来た昭和三年に時期同じくして創立しました。紫錦会と名を変えたのは戦後、らんちゅう同様に東錦も
一緒に品評会をやっていたので、あずまの青い色としての「紫」らんちゅうの黄金色としての「錦」いう字をとって
紫錦会が発足しました。名付け親は文豪の獅子文六氏です。
紫錦会とは、らんちゅうが好きで、趣味としてのらんちゅうを通じてメンバ-相互の親睦を図り、楽しみを共有し
より良いらんちゅうライフを送ることを目指しています。
勿論、審美眼を磨き、飼育技術を向上させる事もその目的に入っています。

紫錦会ホームページ
http://www.ac.auone-net.jp/~t_ranchu/f/shikinkai/shikinkai.htm

紫 錦 会 役員

会長  物部 光宏
副会長 足立 正利
常任相談役 阿部 慎蔵
常任相談役 阿久澤 弘
常任理事  髙橋 清
常任理事(会計) 佐久間一重
常任理事(庶務) 田中 照夫
審査員  物部 光宏 阿部 慎蔵 足立 正利 阿久澤 弘
     江川 勲  髙橋 伸基 田中 佳昌 白石 友太朗
     小串 章生
理  事
     大貫 勇次 大沢 一郎 鈴木 勝太郎 新保 恒夫 金山 東伍 
     酒井 英光 間木野 和夫 鳥屋尾 保広 岡田 隆 矢作 雄一 江藤 博
委  員
     藤本 茂一 川崎 博敏 神頭 明彦 滝沢 丈夫 石川 晃