平成24年2月12日 日本らんちう協会中部本部静岡県支部総会が浜松市総合産業展示館7号会議室にて開催されました。
会員数93名 出席者43名 委任状40名により総会が成立、
静岡らんちう同好会会長 永瀬智彦氏の司会で行われました。


                 深見光春日本らんちう協会中部本部長挨拶


                      永瀬智彦氏司会により進行


                       総会風景


                       総会風景


                 飯島紳一日本らんちう協会副本部長の進行場面


                       総会風景

議案
『1』 平成23年度会計報告(松本芳夫・尾原保)
     満場一致にて採択

『2』 平成24年度〜平成26年度の新役員(静岡県支部・中部本部)
    会計2名とも静岡なので1名は他会にしたらどうか?
    監査がその為にいるので現状のままでいいのでは?
     現状のままで賛成多数にて採択

『3』 一般社団法人日本らんちう協会との今後の対応について
     飯島支部長より説明(日本らんちう協会中部本部静岡県支部役員会議事録の議案5案件1)
     一般社団法人の一般会員の方が退会届けを出したかどうか確認をする。
     退会届けの文章は支部にて用意し各自が署名押印をし配達証明書付にて退会届けを
     一般社団法人中部本部責任者へ郵送する。
     一般社団法人日本らんちう協会役員名簿に載っている方は拒否。
     ポスターは錦友会が作成していたが今後は静岡県支部にて作成(各会持ち回り)。

『4』 日らん年会費について
     合計6,000円を集めたい
     5,000円の日本らんちう協会会費 1,000円を静岡県支部費
     現状は、愛魚会・遠州愛錦会の分を錦友会がまとめて払っていたが今後はどうするか?
      今まで通りに錦友会で集めて静岡県支部会計に支払う。
     日本らんちう協会中部本部の会費はお金があったので5,000円にしたが今回、一般社団法人ができ一部の
     会員が退会したため5,000円でよいか?
      中部本部で話し合い結論を出す。
      山梨県支部は山梨県支部にてまとめて中部本部に納める
      会費納入に関しては話し合いをして決定。(9月第2日曜日くらいが目安)

『5』 中部本部理事会の報告
     山梨の支部設立の説明。
     入会に際しての内規の変更・静岡支部錦友会から静岡県支部に変更。
     6会は全て平等の会とする。

『6』 総本部理事会の報告
     全国大会の当歳魚審査は審査開始を早める。(30分から1時間)

『7』 その他
     審査方法についての意見が出たので今後の検討懸案とする。
     静岡県支部の規約については役員会にて決定する。