平成24年度 日本らんちう協会東部本部 理事会 議事録

1 開催日時 平成24年4月28日 13:00〜15:30

2 開催場所 大田区産業プラザPio6階(東京都大田区蒲田1-20-20)

3 出席理事数 東部本部理事18名中14名出席(うち委任状4名)

4 議 題   第1号議案 平成24年度予算案
        第2号議案 備品購入プラン
        第3号議案 青森観友らんちう会 支部復帰願
        第4号議案 その他

 ◇本会は理事総数18名14名の出席(委任状4名)により有効出席数を充たしているので理事会が成立していることを確認し開催された。

 第1号議案 平成24年度予算案
  
 ◇現状の資材や今後購入する備品の保管に対し、レンタル倉庫を借りるよりコンテナを購入し、管理する方がコストの削減となるため、その方向で管理したいと説明があった。コンテナ保管費(年間10万円)
 ◇搬入や設備に対し、各支部にできるだけ負担がかからないように、業者を使うことを検討することで承認された。

 ◇平成25年度の東部本部担当の全国大会は、東京で開催を考えている。
 ◇現状の東部本部会員数が400名程度のため、予算等も考慮し、平成24年度の東部大会は横浜(昨年同様)で開催することで、異議なく承認された。

 ◇本年の東部大会では、支部対抗の団体戦(点数制)を導入し、3位までを表彰する予定であり、また、東部本部の会報誌にも載せることとする。
  
 ◇本年の東部大会は、洗面器や備品の数も考え、親魚前頭20枚目、二歳魚前頭20枚目、当歳魚前頭30枚目の全国大会と同様とすることを異議無く承認された。

 ◇また、案として大阪の全国大会では、審査場の70cmの魚溜まり洗面器が使用されておらず、審査盥の周辺のスペースが十分取れていたことで審査員が審査しやすかったため、東部本部でも採用したいとの案があった。本年度の東部大会で試しに採用することで承認された。

 第2号議案 備品購入プラン
  
 ◇施設担当の愛魚会支部・房総らんちう会支部と庶務担当の楽友らんちう会支部で協力して備品管理関連を担当してもらうことで承諾された。

 第3号議案 観友らんちう会 支部復帰願
  
 ◇観友らんちう会支部復帰願が受理され、全会一致で支部復帰が承認された。今後、支部の復帰前例となるため、しっかりした流れを築くことも必要である。

 第4号議案 その他
  
 ◇平成24年度の日本らんちう協会東部本部会費は、支部ごとにまとめて7月末日までに、振込むことで承認された。
 ◇振込み先はゆうちょ銀行口座で、振込みと同時に、会計担当にファックスもしくは郵送で支部の会員リストデータを送ることとする。

 ◇本年度の東部本部大会にて、出陳魚の病気感染保護のため、粘膜保護剤プロテクトXを導入し使用することとする。

 ◇一般会員の方が、東部本部所属支部並びにその主体となる愛好会へ参加される際において、確認書(※支部長へ送付)の文章を活用、使用されるかどうかは各支部・愛好会各々の意向により取り扱い責任を負うものとする。

                                         議事録署名人 田口吉晴
                                         議事録署名人 島田光男