今年のらんちゅう界の最後を飾る、日本らんちう協会全国大会が行われる11月3日まであと5日となりました。
天気予報では、当日の名古屋の天気は晴れ時々曇り、気温は最低気温6℃、最高気温は18℃とされており、準備を行います11月2日の天気は晴れ時々曇り、最低気温7℃、最高気温は16℃で、出陳魚を預かります容器内の水温も10℃を切る可能性が高い予定です。三年前ほどにはならないかと思いますが、出陳魚は冷たい収容池に収容される可能性が高いことをご考慮くださった方が良いかと思います。入賞魚が洗面器に乗る頃には水温は徐々にあがり、最高気温は18℃予報ですので、ゆっくり鑑賞いただける予定です。

日本らんちう協会の全国大会の雰囲気は独特なもので、受け付け時のピンと張りつめた緊張感のある雰囲気から、時間が経過し、審査が進むに従って、会場内にも和やかな雰囲気が徐々に高まってくるものです。
是非とも出陳され、その雰囲気を直に味わっていただきたいと思います。
また、出陳魚をお持ちでなくとも、全国大会で入賞した魚を見ることは、来年以降のらんちゅう作りに大変役立つものです。是非ともご来場いただき、らんちゅうの素晴らしい姿をご覧いただきたいと存じます。

第五十七回日本らんちう協会全国品評大会

場所 鶴舞公園正門前
   愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目
受付 午前九時より(出陳魚の写真提示なき場合は受付出来ません)
審査開始 午前十時三十分(受け付け済み当歳魚のみ九時四十五分開始)
出陳魚数 当歳魚は二尾と制限 
     親魚・二歳魚制限なし
出陳料 一尾に付き二千円 入賞 

一、昼食は会員に限り用意致しております    
一、各位の魚は努めて保護致しますが不測の事故は責任を負いかねますのでよろしくご了承下さい    
一、審査を終え魚が展示されましたら都道府県及氏名を入れてください
  指定時間内に入れない場合は番付編成からもれます。    
一、魚の間違いを防止するため展示終了後も係の指示があるまで魚の搬出は出来ません。    

尚、審査開始より展示終了迄審査場内は係員以外立入禁止    
これに反すれば規約により退会となりますので厳守願います。